スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和解協議入り決定=4次訴訟原告団―新潟水俣病(時事通信)

 新潟水俣病の未認定患者が中心となり国や原因企業の昭和電工(東京都港区)に損害賠償を求めた新潟水俣病4次訴訟で、原告団は9日、新潟市で支援団体との会合を開き、被告側との和解協議に入ることを決めた。
 国と同社は既に協議入りの意向を示しており、新潟地裁は早ければ7月の次回期日で和解勧告する見通し。
 水俣病訴訟をめぐっては、熊本地裁で3月、未認定患者団体「不知火患者会」と国、原因企業のチッソとの間で和解が成立。4月に水俣病救済特別措置法に基づく救済方針が閣議決定され、5月から申請受け付けが始まっている。 

【関連ニュース】
新潟水俣病患者に謝罪=原因企業の昭和電工
「本当によかった」と笑顔=チッソ批判の患者も
鳩山首相「被害防げず」と謝罪=歴代初の慰霊式出席
小沢環境相、水俣病患者団体と懇談=鳩山首相も、初の慰霊式出席へ
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ

谷亮子氏、小沢氏辞任「頑張ってほしかった」(産経新聞)
<毎日新聞世論調査>菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)
日光東照宮など申告漏れ=3社寺で総額5億円―駐車場収入や数珠販売・国税指摘(時事通信)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
「日本は大変いい地政学的な位置」 菅首相、成長に期待(産経新聞)
スポンサーサイト

福島氏進退で緊迫=社民に連立離脱論―普天間、政府方針決定へ(時事通信)

 政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する対処方針の同日中の決定に向け、県内移設に反対する社民党の同意取り付けへ大詰めの調整を続けた。鳩山由紀夫首相は、同党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が閣議での署名拒否を貫く場合は、罷免も辞さない構え。社民党内では、福島氏罷免となれば連立政権から離脱せざるを得ないとの声が広がっており、鳩山政権は発足以来の正念場を迎えた。
 首相は28日夜に臨時閣議を開いて対処方針を決めた後、首相官邸で記者会見して国民向けに説明する。これに先立ち、首相と福島氏、国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)による基本政策閣僚委員会が官邸で開かれる。社民党の開催要請を首相側が受け入れた。政府は首相会見を午後9時をめどに行うと発表した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
<中山太郎氏>自民離党へ 参院選に新党から出馬か(毎日新聞)
口蹄疫 「拡大不安」全国で警戒(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。