スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<広島市長>オバマ大統領の訪問の意思、確認できてうれしい(毎日新聞)

 2020年までの核兵器廃絶を訴えるため米国などを訪問した秋葉忠利広島市長は26日、同市役所で帰国会見をした。オバマ米大統領と対面したことについて「(オバマ大統領の)広島に行きたいという、より踏み込んだ意思表示を確認できてうれしかった」と話した。また、同市はこの日、全米市長会議のホームページに掲載された、オバマ大統領と秋葉市長が握手する写真を紹介した。

 秋葉市長は全米市長会議にゲストとして出席し、21日(現地時間)にホワイトハウスでオバマ大統領と対面した。「(広島訪問へは)祝福される環境を作りたい」と声を掛けたという秋葉市長は、「世界中にはいろんな考えの人がいるが、説得するのでなく、容認してくれるようにしたい。いくつかアイデアを動かしている」と話した。【矢追健介】

【関連ニュース】
広島市長:「核なき世界」は意志がつくる 米であいさつ
オバマ大統領:「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会
オバマ米大統領:「広島行きたい」 訪米中の秋葉市長要請に
20年夏季五輪:被爆地五輪、長崎市が共催断念 広島市、単独でも推進 /広島

小沢氏聴取 特捜部“直接対決” 「政治家のウソ」追及(産経新聞)
<鳩山首相>参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
<人工歯根>使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知(毎日新聞)
スポンサーサイト

米運輸省、国交省に苦言=航空提携の判断に影響も-過熱する日航の争奪戦(時事通信)

 【ワシントン時事】米航空大手2社による日本航空との提携交渉をめぐり、米運輸省が日本の国土交通省に「予断を与える見解」を示さないよう求めたことが22日明らかになった。日航は提携会社との事業に関して「独占禁止法の適用除外(ATI)」を米政府に申請する方針で、国交省内には「日航がデルタ航空を選んでもATI取得は可能」との見方が出ている。これに対して米運輸省は「ATI認可の可否やスケジュールを決めるのは米当局だ」との異例の通告を国交省に行った。
 米国が日本をけん制、不快感を示した形で、日航の提携先選定に影響を与える可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航株、一時1円

消費税率10%超に=自民・谷垣氏(時事通信)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7~8年-横浜地裁(時事通信)
不動産取引で26億円所得隠し=銀座のビル売買めぐり-会社社長ら逮捕・東京地検(時事通信)
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ 厚労省部会で合意 (産経新聞)

小沢氏「職務全うしたい」辞任の意向無し(読売新聞)

 政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部による任意の事情聴取を受けた小沢一郎・民主党幹事長は23日夜の記者会見で「職務を全うしていきたい」と述べ幹事長を辞任しない意向を明らかにした。

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
<自民党>資金提供問題で鳩山邦夫氏聴取を検討へ(毎日新聞)
昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)
<訃報>神山喜一郎さん82歳=神山洋一日本農薬社長の父(毎日新聞)
ロープウエーが宙づり=点検員2人取り残される-北海道(時事通信)

<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役の判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、菅家さんが足利事件を否認した翌日、検事の取り調べに再び自白する様子を録音したテープが再生された。

 1審公判中の92年12月8日の録音で、約5分間の雑談の後、当時は宇都宮地検検事だった森川大司(だいじ)氏は「君から変なことを聞いたんで来た」と切り出した。「DNA鑑定で君と一致する精液があるんだよ」「唾液(だえき)も付いてるんだよね。いろんな意味で一致している。君が認めたっていうことだけじゃなくて、他に証拠があるから起訴したんだよ」。科学鑑定を持ち出し、これまでの取り調べとは違って、やや強い口調で菅家さんに畳み掛けた。

 菅家さんが「全然覚えがない」と反論すると、森川氏は逮捕直後の現場検証を振り返り、「死体に草をかぶせたという君の説明は、実際と同じ状態なんだよ。誰にも教えてもらわなくて、なんで説明できたんだろう」と詰め寄った。菅家さんの答えを最後まで聞かず、性急に質問を浴びせる場面もあった。取り調べ開始から約25分後、菅家さんは絞り出すように「勘弁してくださいよお」と再び自白して号泣。法廷でテープを聞いていた菅家さんが思わず机をけった。森川氏は「うそ言うと、どこか嫌でしょう」と諭すように話し掛け、「真実ちゃんの事件(足利事件)は、うん、それでいいわ」と質問を終えた。

 テープは21日に、初公判が始まる直前の92年1月28日分と2月7日分、菅家さんが検事に初めて否認した12月7日分の計3本が再生された。22日午後は森川氏の証人尋問がある。【吉村周平、安高晋】

【関連ニュース】
足利事件:92年2月7日の地検聴取テープ(2)
足利事件:91年12月20日の県警聴取テープ
足利事件:92年12月8日の地検聴取テープ(4)止
足利事件:92年12月7日の地検聴取テープ(3)
足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1)

<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
府立高校で窓ガラス24枚割られる 大阪・吹田(産経新聞)
<大藪春彦賞>樋口明雄さんと道尾秀介さんに(毎日新聞)
小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民(産経新聞)

「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側(産経新聞)

【足利再審 元検事語る(7)】

 《宇都宮地裁で開かれている足利事件の再審第5回公判。菅家利和さん(63)を取り調べた森川大司・元検事の証人尋問が続く。18年前の取り調べで菅家さんから「虚偽の自白」を引き出したことについて、弁護側の追及はさらに厳しさを増していく》

弁護側「平成4年12月8日に(菅家さんが)自白したことは虚偽だったわけですが、証人を含め、検察側は絶対的な間違いをしたことになりますね。正しいことをしたと思ってるわけですか?」

森川元検事「12月8日の否認供述は、当時のほかの証拠関係からして、自分の罪を免れるためだと思ったのです」

弁護側「今になってみて、どう思うんですか。無実の人の話に耳を傾けないで、罪を負わせたこと。あなたは反省しているのか」

森川元検事「再審が開始したことは分かっているが、当時の証拠が誤っていたかどうか。再審の証拠関係について、私は分からないのでお答えのしようがない」

弁護側「証人は、12月8日の取り調べで『君と同じ体液持ってる人が何人いると思ってんの?』と言って菅家さんを黙らせた」

森川元検事「別に黙らせたわけではない」

弁護側「菅家さんは、お兄さんあての手紙で『DNA鑑定は間違っている。もう一度調べてほしい。絶対にやってない』と訴えている。あなたは当時、この手紙に目を通していますよね」

森川元検事「覚えていません」

弁護側「平成4年の段階でDNA型の再鑑定を行っていれば、菅家さんは無実の罪を着せられなかったのではないですか」

森川元検事「それは分かりません」

 《あくまでも、当時の捜査の在り方を否定しようとしない森川元検事。弁護側は、質問を2つの別件を不起訴にした理由に移していく。切り口を変えて、別の答えを引き出そうという狙いだ》

弁護側「平成5年2月に別件事件を不起訴にした理由は?」

森川元検事「当時の証拠関係などを判断して…」

弁護側「嫌疑不十分ですね?」

森川元検事「はい」

弁護側「別件について不起訴にしたのは、テープを録って慎重に検討したからですね。本件の検討は慎重さに欠けたということですね」

森川元検事「いいえ、慎重に検討しました」

弁護側「菅家さんが、自白した理由を「警察の取り調べが怖かったから」と言ったのを覚えていますか」

森川元検事「言ったかもしれないけれど、私はそこまでは…記憶にないです」

弁護側「菅家さんが公判で全面否認に転じたとき、菅家さんのした話が頭をよぎりませんでしたか」

森川元検事「分かりません」

弁護側「公判で、菅家さんは、裁判官に『無実なのにどうして自白したのか』と聞かれ、『反省して…』と言った。無実なのに反省するという、矛盾したことを言ったわけです。こう言ったのは、証人が『法廷で反省の色を見せないと…』と言ったからではありませんか? 菅家さんは『法廷で否認したら死刑になるかもしれない』とあなたに思い込まされていた。この問答を聞いても何も思いだしませんでしたか?」

森川元検事「覚えていません」

弁護側「菅家さんが(平成5年1月28日の)第7回公判で再び自白したのは、あなたが『法廷で否認したら、反省してないと思われて死刑になる』と言ったからじゃないですか」

森川元検事「…」

 《弁護側は、さらに、菅家さんの話に耳を傾けず、菅家さんが犯人との前提で取り調べを続けた森川元検事を問いただす》

弁護側「公判で菅家さんが否認に転じた後、証人は、論告で『被害者に対する真摯(しんし)な反省の態度が認められない。被告人は社会的に危険』と述べている。菅家さんは無実と分かった今、あなたは反省していますか」

森川元検事「今の証拠関係は分からないので、当時の証拠関係を前提に判断したまでです」

弁護側「自分自身は反省しなくていいのか」

 《弁護側の質問に、検察官が異議を唱えると、弁護側は「あなた方は証人をかばうのか」と反論。この言葉は、裁判長からもとがめられ、質問を変える》

弁護側「『自分は無実だ』と(当時の)弁護側に訴えた平成5年5月31日の手紙の中で、(菅家さんは)『当日、本当は自分はこうしていた』ということを書いている。これは菅家さんが平成4年12月7日にあなたに話したことと完全に一致している。この手紙を読んだときに、自分が12月7日に聞いた話と同じだと思わなかったのか?」

森川元検事「手紙を読んだかどうか分からない」

弁護側「5月31日の手紙で、(菅家さんは)『事件当時、自分は借家にいた』と書いた。それをあなたは、(平成5年6月24日の第10回公判での)2度目の論告で、『借家にいたことは5月31日になって初めて言い出したことだから、偽りだ』と言ったでしょう?」

森川元検事「そうですか?」

弁護側「あなたはまじめさに欠けてるじゃないですか!」

森川元検事「私を威嚇してるんですか?」

裁判長「威嚇的です。冷静に」

 《森川元検事の受け答えに興奮する弁護側に、冷静になるように声をかける裁判長。激しいやり取りは続いた》  =(8)に続く

1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定(医療介護CBニュース)
<自賠責>10年度の保険料を据え置き 金融庁審議会(毎日新聞)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)
<診療報酬不正受給>山本被告が保釈に(毎日新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)

自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)

 自民党の西田昌司、石井準一、礒崎陽輔の3参院議員は22日、実母からの資金提供問題について、鳩山邦夫元総務相を党政治倫理審査会に呼ぶよう執行部に求めた。鳩山由紀夫首相の偽装献金事件を追及するにあたって弟の邦夫氏から真相を聞くとともに、同氏が脱税行為だったことを認識していたら議員辞職を要求するともしている。

関連記事】

舛添・鳩山邦夫氏が連携?「現状では政権交代難しい」
鳩山邦夫氏が贈与税納付 5億数千万円
「民主はミクロの決死隊」自民・与謝野氏 政権の経済政策を批判
麻生政権「解散封印が裏目」 敗北へ突き進んだ悪循環
鳩山邦夫氏が党役職の辞表提出、二階局長辞任要求も拡大

「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗(産経新聞)
首相動静(1月13日)(時事通信)
湯かけ祭り 八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
犬くぎ落下 高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)

焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)

 大阪府豊中市の路上で平成15年、焼き肉店主を射殺したとして強盗殺人などの罪に問われた元従業員、浅田和弘被告(34)の差し戻し控訴審の判決公判が21日、大阪高裁であった。小倉正三裁判長は、無期懲役とした1審大阪地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。

 小倉裁判長は判決理由で「共犯者2人の公判供述は信用できる。矛盾点もあるが、浅田被告の犯行を認めた1審判決の事実認定を左右するものではない」と述べた。

 浅田被告をめぐっては、18年5月に大阪地裁が求刑通り無期懲役を言い渡したが、2審大阪高裁は「関係者の供述は信用性がなく、審理が尽くされていない」として審理を地裁に差し戻した。しかし、検察側の上告を受けた最高裁は20年11月、「大阪高裁は証拠の評価を誤った疑いが強い」として2審判決を破棄、審理を高裁に差し戻していた。

 判決によると、浅田被告は15年11月、店主の岡森信也さん=当時(28)=から不当に扱われていると恨みを持ち、拳銃を発射して岡森さんを殺害、現金50万円入りのバッグを奪った。

【関連記事】
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
竪山容疑者が供述「私を刺して自分も死ねばいいと言われ…」
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…

石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
<福岡乳児殺害>別の子供2人も治療受けず死亡(毎日新聞)
小沢氏「お騒がせし恐縮」=長崎行脚、検察批判には触れず(時事通信)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
「権力の行使は問題」小沢氏が検察批判(読売新聞)

日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ(産経新聞)

【衝撃事件の核心】

 東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」から200点近い高級腕時計がごっそりと奪われた事件は1週間も経過しないうちに、関与した疑いのある香港人と中国人の男女6人が香港警察に逮捕された。窃盗グループ「爆窃団」のメンバーとみられるが、香港メディアでは仲間割れで時計を横取りしようとしたことで、6人が捜査線上に浮上した可能性を報じている。中国の富裕層の高級志向を満たすため、犯罪集団が日本の貴金属に群がっているとされており、今後も爆窃団が暗躍する危険性を危惧(きぐ)する声がある。

 ■油圧ジャッキで壁に穴…根こそぎ奪う大胆手口

 「Rolex(ロレックス)」「ZENITH(ゼニス)」「Vacheron Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)」

 9日、香港警察本部。会見場の机の上には商品タグがつけられ、ポリ袋に入れられた高級腕時計の数々がずらりと並んだ。その奥には、天賞堂銀座本店の外観や店内を撮影した写真も置かれていた。

 香港警察は7、8日に50代の男3人と30代の女3人の中国人と香港人計6人を盗品処分などの疑いで逮捕するとともに、住居など関係先から盗品の高級腕時計181点を押収した。押収した時計が並ぶ机の傍らには胸を張る捜査担当者の姿があった。

 捜査関係者によると、6人は日本で盗みを繰り返し、盗品を売りさばくアジア系窃盗グループ「爆窃団」のメンバーである可能性が高い。

 爆窃団-。油圧ジャッキなどを押し当てて壁を打ち破る大胆な手口で建物内に侵入し、現金や貴金属を根こそぎ奪っていく。中国語では「侵入盗」の意味で、香港では壁に穴を開けて盗むこうした手口は一般的だという。

 捜査関係者によると、天賞堂の窃盗事件の現場では爆窃団の犯行を類推させる痕跡が残っていた。

 有名百貨店や高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ東京・銀座の晴海通りでは年明けの2日も、例年通り、新春の期待感に胸を膨らませる買い物客らが行き交っていた。 

 午前10時20分。周囲のにぎやかな雰囲気をよそに、創業130年の老舗、天賞堂銀座本店の9階建てビルに出勤した男性店員は表情をこわばらせていた。

 地下1階の高級時計売り場の約10個のショーケースのガラスが粉々に割られ、破片が床に散らばっていた。宝飾がちりばめられるなどした高級腕時計がごっそりとなくなっていたのだ。その数は194点、被害総額は約2億4500万円に上った。

 「ロレックスは30万円から数百万円のものがそろっている。そのほとんどが持っていかれた」

 会社幹部は悔しげな表情を浮かべた。

 侵入経路は一目瞭然(りょうぜん)だった。隣のビルとの間にある路地に面した壁にぽっかりと穴が開けられていた。高さ約70センチの部分にあった排気口のふたを外し、周囲を壊して50~80センチの大きさに広げられており、穴は地下1階に向かう階段につながっていた。

 「爆窃団の手口に似ている」

 現場に駆けつけた警視庁の捜査員はそう感じたという。

 約70センチ離れた隣のビルの壁には四角のへこみやひびがあった。穴を開けるために油圧ジャッキをビルのすき間に差し込み、壁を打ち破ろうとした可能性があるとみられる。

 ■経済成長続ける中国 狙われる日本の貴金属

 荒っぽく見える犯行だが、現場の状況からは入念に下見などの準備をしていたことがうかがえる。警視庁築地署などによると、地下1階には人の動きを感知する赤外線センサーが設置されていたが、壊された約10個のショーケースはいずれもセンサーが感知しない場所だった。

 店に設置された防犯カメラの映像にも周到な犯人の行動が映し出されていた。2日午前4時50分ごろから約1時間、地下1階の防犯カメラにショーケース付近でかがんで時計を盗む2人組の人影が映っていたが、「懐中電灯を照らしてやっている様子はなく、たまにライトがつく。どこに何があるか分かっているようだった」(会社関係者)。

 「正月早々、警視庁に挑んできた。かならず、ホシをあげる」

 捜査幹部は解決に並々ならぬ決意をみせていたのだが、事件は急展開をみせる。香港警察から7日、警察庁を通じて「容疑者の身柄拘束」の一報が寄せられ、2日後には冒頭の記者会見が開かれる運びとなったのだ。

 6人のうち、香港人の実業家、陳江耀被告(52)ら男3人と陳被告の妻ら女2人の計5人が盗品処分共謀罪で起訴された。裁判所のスポークスマンは「(陳被告ら)男3人が(天賞堂での)窃盗を認めた」と明らかにした。

 天賞堂の被害品のうち、製造番号が判明していた146点について、警視庁がリストを香港警察に送付したところ、関係先から押収された181点のうち104点の番号が一致した。警視庁の捜査関係者によると、さらにその後に明らかになった被害品の製造番号と照合を進めており、番号が一致する時計は大幅に増える見通しという。

 だが、被害品の一部は所在不明になっているようだ。事件発覚から2日後の4日、男3人は盗んだ時計を小包6個に入れて郵送し、このうち5個は香港警察が押収しているが、残り1個の所在は分かっていない。香港警察はすでに中国本土に売却された疑いがあるとみている。

 「経済成長を続ける中国では高級志向があり、ぜいたく品に対する需要が高い。このため、日本の高級腕時計や貴金属が犯罪集団に狙われている」

 事件の背景について警視庁の捜査関係者はこう解説する。

 ■「忘れたころにやってくる」 平成17年に活発化

 爆窃団は昭和60年代、主に香港から日本に流入したとされる。特に昭和62年と平成4年に事件が続発し、10年ごろまで全国で被害が相次いだ。一度は下火になったものの、17年から再び活発化した。

 警視庁によると、銀座からほど近い有楽町では17年6月からの約半年間で、壁に穴を開ける手口による事件が4件(未遂を含む)起きている。なかには高級腕時計6100万円相当が盗まれたものもあった。21年2月には銀座の貴金属店で約5000万円相当の貴金属も盗まれている。

 警視庁の捜査幹部は「壁に穴を開ける手口を基本にして、それをまねたり、発展させた形で犯罪が繰り返されている」と指摘する。特定のメンバーが犯罪を繰り返しているわけではないというのだ。

 地の利がない日本で“効率的”に腕時計やジュエリーを盗む爆窃団。アジア系外国人の犯罪に詳しいジャーナリスト、富坂聡さんは天賞堂が標的とされたことについて「セキュリティーのレベルやどんな商品が売られているのかなどの情報が、香港などで事前に売買されていた可能性がある」と指摘する。

 爆窃団は犯行後に出国する「ヒットアンドアウェー型」のため、摘発は難しいとされる。香港の地元メディアなどによると、今回の事件では陳被告ら男3人は昨年12月中旬に日本に入国。犯行に使用した工具なども日本国内で調達し、1月2日に天賞堂で時計を盗み、4日に香港に戻ったとされる。

 捜査は長期化が予想されたが、男たちは早々に特定された。その理由について地元メディアは「仲間割れの可能性」を指摘する。

 地元メディアによると、4日正午ごろ、陳被告が住む香港・九竜半島の公営団地近くの路上で、郵便配達中の郵便局員2人が男4人にスプレーで襲われ、郵便袋2つが奪われる強盗事件が発生。6時間後、郵便袋は別の場所で発見されたが、陳被告が住む公営団地宛の複数の郵便物は開封されていたという。

 香港警察は、仲間割れしたグループが天賞堂で盗まれた腕時計入りの小包を横取りしようとしたが、配達時間を勘違いした可能性があるとみている。横取りに失敗したグループが腹いせで陳被告らのことを警察に密告した、と報じる香港紙もあった。 

 警視庁は香港警察と協力して、窃盗事件の裏付けを本格化。近く捜査員を香港に派遣する方針で、現場で採取された足跡などの捜査資料を提供する。日本と香港の間には犯罪人引き渡し条約がないため、警視庁は男らを香港の法律で処罰する「代理処罰」の要請も検討している。

 「爆窃団は忘れたころにやってくる。貴金属店など狙われやすい店は、爆窃団に『やりにくい』と思われるようなセキュリティーや警備体制を整える必要がある」

 富坂氏はこう警告する。

【関連記事:衝撃事件の核心】
「痛がる顔に興奮する…」女児殴った男の身勝手な動機
ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰
市橋弁護団vs捜査当局、すでに激しい“つばぜり合い”
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
薬物捜査員の「キメ友」は元容疑者…クスリと女にハマった刑事の“修羅”

<性同一性障害>「性別変更夫婦の子も嫡出子に」団体が要望(毎日新聞)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
<日米安保>米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
政治資金はクリーンに 首相(産経新聞)
<裁判員裁判>取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁(毎日新聞)

「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で、自民党は14日午前、東京地検特捜部に家宅捜索を受けた小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員の元秘書の金沢敬氏を招き、一連の疑惑に関する勉強会を開いた。金沢氏は「昨年特捜部が陸山会の事務所を家宅捜索する直前、石川氏に頼まれ証拠資料を隠すのを手伝った」と証言した。

 金沢氏によると、特捜部が陸山会事務所を捜索した昨年3月3日、石川氏から「小沢氏から『チュリス(陸山会事務所が入る都内のマンション)でまずいものを隠せ』と指示があった。手伝ってほしい」と電話を受け、勤務先の札幌市から上京。同日夜に石川氏と合流した。

 石川氏は「隠せるものは隠したが、自分の衆院議員会館事務所も捜索が入るかもしれない」と話し、翌4日に石川氏の事務所に出向き、鹿島建設や西松建設などゼネコン関係の名刺や資料を黒いナイロン製のボストンバッグに隠したという。

 金沢氏は当時小沢氏の秘書だった樋高剛民主党衆院議員から「陸山会事務所の証拠隠滅工作に加わった」と聞いたことも暴露。樋高氏は「資料が押収されていたら小沢氏を含め全員逮捕だった」と話したという。

 金沢氏は「小沢氏が記者会見で『国策捜査』と訴えられたのは、証拠資料を隠すことができたから。石川、樋高両氏もそう話していた」と述べた。

 金沢氏は平成20年9月から21年7月まで、石川氏の私設秘書を務めていた。

【関連記事】
首相、小沢幹事長変えず「内閣として一致結束」 陸山会強制捜査で
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に
「やましいカネ」隠蔽? 陸山会、24億円を不透明移動
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
「うるさい、しゃべることない!」捜査にいらだつ小沢氏側近

体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕-大阪府警(時事通信)
<新型インフル>患者数が5週連続の減少 全国医療機関調査(毎日新聞)
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響-警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
<交通事故>降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨(毎日新聞)
石川議員逮捕「緊急性あった」=記者会見で東京地検(時事通信)

日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意-気象庁(時事通信)

 日本列島は13日、北海道の東海上に発達中の低気圧があって強い冬型の気圧配置となった影響で、ほぼ全国的に風が強くなり、日本海側や西日本の広い範囲で雪が降った。気象庁は、日本海側と北海道では14日にかけて大雪になるとして、引き続き警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要という。
 この悪天候で13日に日本航空の40便、全日空の43便が欠航し、計約5850人に影響した。JRでも東海道・山陽新幹線が一時遅れたほか、東北線や北陸線などで運休や遅れがあった。高速道路は一時、九州の広い範囲で通行止めとなった。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷

直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)
自民比例定年制、山崎派が撤廃を強く主張(読売新聞)
雑記帳 「夫婦円満」秘訣は?…亭主関白協会の会長が伝授(毎日新聞)
インド洋給油、15日に終了=新テロ法期限で海自撤収へ-8年間の活動に終止符(時事通信)
ハイチ地震への支援検討=官房長官(時事通信)

小沢氏関連先捜索、首相「コメントする立場にない」(読売新聞)

 鳩山首相は13日夜、東京地検特捜部が民主党の小沢幹事長の資金管理団体事務所などの一斉捜索に乗り出したことについて、首相官邸で記者団に対し、「検察が判断してこういう行動をした。私から今、コメントする立場にない」と述べた。

 小沢氏から事情を聞く考えがあるかどうかについては、「その考えは持っていない。捜査中で資料はすべて提供している。検察が一番正確な情報を知りうる立場にあるので、正しい判断がなされると期待する」と述べるにとどめた。

 首相の元秘書の偽装献金事件での起訴に続き、小沢氏の事務所などにも強制捜査が及んだことに関しては、「政治資金はクリーンでなければならない。私の問題に関しては国民におわびしてきた。できる限りこういったことがないようにしていくのが、政治家の立場としてあり得べきことだ」と強調。「国会の中で議論すべきことがあれば、大いに議論するべきだ」と語った。同時に「国民はこういう中で政権交代を望んだ。一番大事なことは、国民の命を守る政治を、国民の期待に応えるように実現していくことだ」と述べ、政権運営に全力を挙げる考えを示した。

亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」(産経新聞)
<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
雅子さま、阪神・淡路大震災15周年式典へ神戸へ 2年ぶりの本格地方ご訪問(産経新聞)

新成人が佐世保市長にヤジ「一発芸しろ」(スポーツ報知)

 「成人の日」前日の10日、長崎県佐世保市が開いた成人式で、最前列の席に陣取った新成人の集団約20人のうち数人が、朝長(ともなが)則男市長(60)による約5分間のあいさつ中に壇上に登り、持っていた扇子で市長をたたこうとして係員に制止される騒ぎがあった。職員によると、暴れた新成人は息が酒臭かったという。

 席に戻った集団は、その後も「おまえの話なんか誰も聞いとらん」「一発芸しろ」などと“口撃”。相次ぐやじに、たまりかねた市長が「社会というのは厳しいものだ。ルールを守れるようになりなさい!」と一喝し、会場のほかの新成人約1500人から温かい拍手がわき起こった。

 その後、集団は「つまらんから出ようぜ」と言って退出。市長による叱責(しっせき)以外には“おとがめナシ”となったが、集団のうち1人は会場を出た後、市職員に「今日がこういうことをやれる最後の日。明日からはまじめに働く」と、早々と“更生”を誓っていたという。

 同市は例年、市外で働く人の都合を考慮して成人の日の前日に、約2000人収容の市内ホールで式を開催。毎年、警官やボランティアなど約50人が警備にあたっているが、今回のような騒ぎは初めてという。同会場の関係者は「ガラスを割ったり、殴り合ったりしたわけじゃない。たまにははしゃいだりしたい時もあるのでは…」と、非常識な若者にも寛大な態度を示した。

 ◇近年の成人式お騒がせ事件メモ
??▼2001年 高知市で橋本大二郎高知県知事(当時)が、「大二郎うるさい」など“帰れコール”を浴びせられて激怒。「静かにしろ! 出て行け!」と大声で一喝。
??▼03年 静岡県伊東市で酒に酔った集団が、市長のあいさつ中に「うるせー、ハゲ」などと暴言を連発。市民憲章の垂れ幕を引きずり下ろすなどの騒ぎに、市と教育委員会が威力業務妨害の疑いで伊東署に告訴。
??▼05年 沖縄県那覇市で新成人ら約120人が白、青、ピンクなど出身中学ごとに色分けされた羽織はかま姿で、路上で泡盛をラッパ飲み。鏡開きや酒だる割りに、新成人女性の晴れ着をぬらすなど暴れ、那覇署員ともみ合いになった。
??▼06年 岩手県盛岡市の成人式に招待された覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議(当時)が、市長のあいさつ中にクラッカーを鳴らした成人たちに激怒。もみ合いとなり一時は、10人以上に囲まれ一触即発の事態に。

 【関連記事】
暴れた新成人2人を逮捕
佐世保市長が騒ぐ新成人を一喝「ルールを守れるようになりなさい!」
兵庫県警が無料サウナ招待を辞退
成人式バンジー!鳩山さんも飛んで!

<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
大阪・羽曳野射殺 「銃刀法検証も」 警察庁長官(産経新聞)
工事現場でエレベーター落下 作業員2人死亡 東京都清瀬市(産経新聞)
逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)
陳謝は「心境の吐露」=小沢氏会見で首相(時事通信)

新大綱、8月に概要決定=北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は12日午後の記者会見で、新たな防衛計画大綱や次期中期防衛力整備計画(中期防)の策定時期について「できれば(2011年度予算の)概算要求の参考になるような進行状況をお願いしたい」と述べ、各省庁の概算要求が固まる8月末までの概要取りまとめを目指す考えを明らかにした。北沢氏はこれまで、今年末をめどに新大綱や次期中期防を策定する方針を示していた。 

上野の鬼嫁日記
ナツメロを懐かしむ会
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。